漁師と一緒にカキをむいて、しゃぶしゃぶ、天ぷらなどで楽しもう!

東北屈指の「米崎牡蠣」をご用意!築地では「マルコメ」の愛称で知られ、高値で取引される代物。一般的なカキと比較して圧倒的に身の詰まりがよく、濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。

そして当日は、なんと“牡蠣バカ”の愛称で親しまれる、漁師の佐々木学さんが岩手県陸前高田市から講師としてやってきます。米崎牡蠣や雪解け牡蠣といったブランド牡蠣を生産している三陸の若手筆頭の漁師さん。

講師が震災後に行ってきた取り組みや生産哲学、そして牡蠣のきれいな剥き方までを学び、最後は色んな牡蠣料理を味わいましょう。

【概要】
*日時 11月26日(日)11:00〜14:00(Open 10:45)
*会場 都電テーブル 向原店(マップ)
*住所 東京都豊島区東池袋2-6-2 ロイヤルアネックス201
*会費 4,300円 ☆ワンドリンク付き
   (大学生3,800円、中高生2,500円、小学生1,500円、未就学児は無料)

*チケット kaki1126.peatix.com ☆先着30名様限定

【タイムテーブル(予定)】
10:45〜 受付
11:00 開会挨拶&講師紹介
11:10 漁師・佐々木学さんによる講義
11:40 牡蠣むきワークショップ
12:20 お食事
13:30 牡蠣養殖フィールドワークについて
13:45 まとめ
14:00 閉会

主催:とうほく食べる学校(NPO法人 東北開墾)
協力:都電テーブル、佐々木商店